• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 融資の話 > 融資期間が短いメリットとは?

融資の話

融資期間が短いメリットとは?

今の不動産投資のメインは、毎年のキャッシュフローを得る目的の人が多いと思います。

毎年のキャッシュフローを得る目的であれば、融資の条件は、できるだけ長くすることが必要です。

そうすれば、元金の返済が小口になって、毎年のお金が残りやすくなりますからね。

でも、お金に余裕のある人は、
毎年のキャッシュフローが出ない投資をすることもあります。

このような人は、融資期間を短くして、どんどん元金を減らしていきます。

毎年のキャッシュフローが出なくても、元金が減っていけば、売却時にお金が多く残ります。

投資全体でみると、後者の方が金利の支払いも少なくて済みますし、
売却時の築年数も購入してから短いので、業績がよくなることが多いんです。