• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 融資の話 > 節税と融​資対策は両立できるの​か?

融資の話

節税と融​資対策は両立できるの​か?

年末近くのこの時期になると、

よく聞かれるのが節税対策の方法です。

しかし、基本的には、

 節税対策 = お金が出ていく

ということになるんです。

具体的に数字で見てみましょう。

例えば、税率30%の人の不動産所得が、

このままいけば1,000万円あるとして、

節税対策のために、年末までに300万円の修繕をしたとします。

すると、不動産所得は、

 1,000万円 - 300万円 = 700万円

となり、修繕にかかった費用に税率を掛けた金額、

 300万円 × 30% = 90万円

が節税となり、不動産所得に掛かる税金は、

 700万円 × 30% = 210万円

となります。

その結果、仮に所得と手元に残るお金が

同じ金額だとした場合は、

 CF1,000万円 - 修繕300万円 - 税金210万円 = 490万円

のお金が残りますね。

でも、もし修繕をしなかった場合は、

 1,000万円 - 税金300万円 = 700万円

残りますから、節税をしなかった場合より210万円も

多くお金が残ることなります。

もちろん、必要な修繕や、

先行投資としての修繕であれば問題はないのですが、

これが、無駄なものにお金を出していたとすると、

いい状態ではないことがわかりますね。

しかも、これからも融資を受けて

物件を買っていきたい場合は、

修繕に掛かった金額だけ、

不動産所得が少なくなりますから、

銀行対策としては、修繕をしないほうが有利になります。

このように節税対策と融資対策は、

基本的には相反するものなんです。 casino