• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 融資の話 > 節税せずにお金を残す方法とは?

融資の話

節税せずにお金を残す方法とは?

サラリーマンの方が不動産投資を始めると、今までとは違って、経費にできるものが多くなります。

外食や交通費も賃貸収入を増やす目的であれば、経費にすることができます。

そして、経費が多くなると利益が少なくなって税金が低くなります。

いわゆる「節税」ですね。

しかし経費にできるからと言って、経費を多くしてしまうと、利益と同時にお金も減ってしまいます。

そしてこの状態を嫌うところがあります。

それが銀行です。

銀行は、利益を上げている人、税金を払っている人が大好きなんです。

この銀行の心理を逆手に取れば、節税せずにお金を残すことができるようになります。

それには、まず最低限の経費しか使わないようにすることです。

そして経費を削減して、利益を上げます。

これを2~3年続ければ、銀行が認めてくれるようになります。

結果、今までよりも金利が下がることがあります。

1億円を借りていて、1%金利が下がれば、約100万円キャッシュフローが増えることになります。

そして次の物件を購入するときの融資も受けやすくなります。

このようにすれば、無駄な節税をせずにお金を残すことができるようになります。

もちろん、現在融資を受けていて、これからも不動産を増やしていきたい場合に使える方法ですが、
無駄に節税をするよりも、よっぽど健全で、効率的にお金を増やせる方法だと思います。

これを前提に、一度経営状態を見直してもいいかもしれませんね。