• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 融資の話 > 初めて当たる銀行に印象のいい接触方法とは?

融資の話

初めて当たる銀行に印象のいい接触方法とは?

一般の人が収益不動産を持ちたいと思うと、融資は必ずといっていいほど必要でしょう。

事業を経営されている方であれば、銀行との取引は多少なりともあるかもしれません。

その場合はその銀行にアプローチすることは比較的容易でしょう。

それでは今まで普通預金や定期預金程度しか銀行と取引のない一般の人は、
どのように銀行にアプローチしたらよいのでしょう。

銀行との関わりが薄い方は、自分の友人や知り合い等あらゆる人脈をたどって、
銀行の融資担当者を紹介してもらうことです。

飛び込みでアプローチすることはあまり好ましくありません。

銀行の担当者は、どこの何者かがわからない方よりも、
銀行と取引のある方の紹介でアプローチされる方が、
最初の印象も信用もかなり差があるのです。

どんな“つて”でも構いません。

とりあえず紹介をしてもらうのです!

特に、僕たちのような税理士からの紹介であれば、
少なくとも、銀行が無下に断ることはありません。