• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税理士について > 物件購入当初から税理士に依頼したほうがよいのか?

税理士について

物件購入当初から税理士に依頼したほうがよいのか?

個人でも法人でも、物件を購入すると、
帳簿の作成と税務申告の義務が発生します。

経理部門などに勤めていた方ならまだしも、
それ以外の職種の方だと、初めてする業務になりますよね。

資料の整理や、数字の管理が苦手な人にとっては、ストレスになることもしばしば。

また、数字の管理に抵抗がない人でも、それが本当に効率的かどうかはわかりません。

途中で税理士に依頼すると、お互いのやり方の違いから、
意思疎通がなかなかうまくいかないケースもあります。

だから、物件購入したら、できれば最初から税理士に依頼したほうがいいでしょう。

確かに費用は掛かりますが、その業務に使う時間とストレスから解放され、
投資活動に専念することができます。

また、税理士は数字の管理のプロなので、
最初から、もっとも効率のよい管理をすることができます。

さらには、税務のプロとしてのアドバイスも受けられるので、
結局、得することもままあります。