• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税務調査に備える > 税務調査官が気合いを入れるとき

税務調査に備える

税務調査官が気合いを入れるとき

ちょっと考え見てください。

もしあなたが営業マンだったら、ノルマや評価って気になりますよね。

そして評価の対象となる時期があれば、その時こそ気合いを入れて頑張ると思います。

僕ももともと広告代理店の営業マンでしたから、ノルマも評価もありましたのでよくわかります。

そして税務調査官にも、ノルマとまではいきませんが、ノルマ的なものがあります。

そして評価の対象となる時期もあるのです。

実は6月に調査にくる調査官は、あまり気合いが入っていない場合が多いのです。

それは税務署の異動は7月にあり、6月の成績は、この7月の異動には関係ないからです。

もちろん、その後の評価の対象となりますし、調査官の性格にもよりますので、一概には言えませんが・・・。

そして7月の異動が終わって、一段落する秋口。

9月~12月の調査というのは、来年の異動の評価の対象となるので、調査官も気合いが入っているのです。

税務調査の入る時期を皆さんが選ぶことはできませんので、「だからどうしろ」ということではないのですが、このような調査官の心理を覚えておくこともいいと思います。