• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > H25年税制改正大綱 その5(相続税の基礎控除)

税制改正を賢く活用

H25年税制改正大綱 その5(相続税の基礎控除)

平成25年1月下旬に発表された税制改正大綱を
不動産投資に的を絞って、掻い摘んで解説します。
今回は相続税の基礎控除についてお伝えします。
まず、「基礎控除」を説明します。
仮に「父」がなくなったとしましょう。
この時、相続人(遺族)は3名(母、息子、娘)だったとします。
父が1億円の資産を持っていた場合、
1億円に税率がかかってくるわけではなく、
1億円から一部の金額を差し引いてくれます。
この差し引いてくれる金額を「基礎控除」と言います。
この差し引いてくれる金額(基礎控除)が減額される
つまり、税率を掛ける値が大きくなるという改正案が出ています。
現行の場合の基礎控除額は
5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円
よって、税率を掛ける値は
1億円-8,000万円=2,000万円
となります。
改正案の場合、基礎控除額は
3,000万円+600万円×3人=4800万円
よって、税率を掛ける値は
1億円-4,800万円=5,200万円
となります。
2,000万円と5,200万円では大きく違いますよね。
もし、この改正が通ると、
相続税申告の義務が発生する人が激増するそうです!
現行では相続税の申告が発生するのは
約4%と言われていますが、
この改正が通れば、
約6%になると言われています。
なんだ、たった6%かと思いますが、
倍率でいうと、1.5倍です。
また、土地値が高い首都圏では約20%になるとも言われています。
こうなってくると、他人事でもなくなってきますね。
平成25年1月下旬に発表された税制改正大綱を 不動産投資に的を絞って、掻い摘んで解説します。 今回は相続税の基礎控除についてお伝えします。 まず、「基礎控除」を説明します。 仮に「父」がなくなったとしましょう。 この時、相続人(遺族)は3名(母、息子、娘)だったとします。 父が1億円の資産を持っていた場合、 1億円に税率がかかってくるわけではなく、 1億円から一部の金額を差し引いてくれます。 この差し引いてくれる金額を「基礎控除」と言います。 この差し引いてくれる金額(基礎控除)が減額される つまり、税率を掛ける値が大きくなるという改正案が出ています。 現行の場合の基礎控除額は 5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円 よって、税率を掛ける値は 1億円-8,000万円=2,000万円 となります。 改正案の場合、基礎控除額は 3,000万円+600万円×3人=4800万円 よって、税率を掛ける値は 1億円-4,800万円=5,200万円 となります。 2,000万円と5,200万円では大きく違いますよね。 もし、この改正が通ると、 相続税申告の義務が発生する人が激増するそうです! 現行では相続税の申告が発生するのは 約4%と言われていますが、 この改正が通れば、 約6%になると言われています。 なんだ、たった6%かと思いますが、 倍率でいうと、1.5倍です。 また、土地値が高い首都圏では約20%になるとも言われています。 こうなってくると、他人事でもなくなってきますね。