• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > 特例をうまく活用するためには?

税制改正を賢く活用

特例をうまく活用するためには?

今年の税制改正で、不動産投資家にとって大きな2つの改正がありました。
その一つが、
「長期所有土地等の1,000万円特別控除の特例」
というものです。
これは土地を平成21年、22年に取得して5年超所有すれば、
売却益が出てもその売却益から1,000万円の控除ができる、
という特例です。
でもマンションやアパートを購入すると、
土地と建物を一括で取得することになりますよね。
この場合、土地、建物どちらの金額が高ければ有利なのでしょうか?
もうおわかりですね。
この特例を活用するのであれば、
土地の金額が低い方が売却益が発生しやすくなります。
それは土地に対してだけ適用される特例だからです。
もちろん売却する時に、購入した時よりも土地が高く売れることが前提となる訳
ですが、
購入時の土地の金額が低ければ売却益を出しやすくなります。
そして反対に建物が高くなることで、
その後の減価償却費も多く計上できて、
税金を抑えることも可能となってきます。
平成21年の税制改正で、不動産投資家にとって大きな2つの改正がありました。

その一つが、「長期所有土地等の1,000万円特別控除の特例」というものです。

これは土地を平成21年、22年に取得して5年超所有すれば、

売却益が出てもその売却益から1,000万円の控除ができる、という特例です。

でもマンションやアパートを購入すると、土地と建物を一括で取得することになりますよね。

この場合、土地、建物どちらの金額が高ければ有利なのでしょうか?



もうおわかりですね。

この特例を活用するのであれば、土地の金額が低い方が売却益が発生しやすくなります。

それは土地に対してだけ適用される特例だからです。

もちろん売却する時に、購入した時よりも土地が高く売れることが前提となる訳

ですが、購入時の土地の金額が低ければ売却益を出しやすくなります。

そして反対に建物が高くなることで、その後の減価償却費も多く計上できて、税金を抑えることも可能となってきます。