• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > 法人の接待交際費の改正

税制改正を賢く活用

法人の接待交際費の改正

法人化した場合のデメリットの一つが、接待交際費です。

download adobe cs6 The following screenshot shows the connection settings: [ 23 ] The Database Manager layout consists of a menu toolbar, a menu bar, and three panels: Object Browser Pane, SQL Query Pane, and Result Pane, as shown in the following screenshot: In the query pane, type a SQL command to query a table, followed by Ctrl + E: Select * from users; We will get a list of hard drive repair that are part of the PUC users. master collection
接待交際費は個人であれば、全額経費になるのですが、 法人であれば、一定の割合が損金不算入となります。 損金というのは、個人でいう経費のことなので、 損金不算入は、法人税法上の経費にならないということですね。 法人が使った接待交際費は、通常年間800万円までは、 使った交際費のうち10%が損金不算入となります。 ただし、平成25年4月1日以後に開始する事業年度についてだけは、 全額、損金にできることになっています。 これが、先日発表された税制改正大綱では次のように書かれています。 ・交際費のうち飲食のために支出した費用の50%を損金算入に ・資本金1億円以下の中小企業は800万円まで全額損金算入と上記の選択適用可 接待交際費については、通常と比べてかなり緩和されるようですね。