• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > 法人での物件取得が主流に?

税制改正を賢く活用

法人での物件取得が主流に?

平成25年の1月に税制改正大綱が発表されましたね。
この税制改正大綱というのは、
今後の税制の方向性を示していて、
改正の内容も書かれてあります。
これを読むと、今後の物件取得は
法人での取得が主流になる傾向にあります。
まず個人の所得税ですが、
・最高税率40% ⇒ 45%
・給与所得控除の上限が年収1,500万円までに
と、高所得者が増税されていく予定です。
一方、法人税は
・法人実効税率の引き下げ
・接待交際費が800万円まで全額損金算入
と、こちらは逆に減税の方向です。
不動産から上がる利益は、
キャッシュフローが、出る物件であればあるほど、
金額が高い物件であればあるほど、
大きくなっていきますので、
これから物件から上がるキャッシュフローを
しっかりと残していきたいのであれば、
法人化を考える必要があります。
平成25年の1月に税制改正大綱が発表されましたね。



この税制改正大綱というのは、



今後の税制の方向性を示していて、



改正の内容も書かれてあります。





これを読むと、今後の物件取得は



法人での取得が主流になる傾向にあります。





まず個人の所得税ですが、



・最高税率40% ⇒ 45%



・給与所得控除の上限が年収1,500万円までに



と、高所得者が増税されていく予定です。





一方、法人税は



・法人実効税率の引き下げ



・接待交際費が800万円まで全額損金算入



と、こちらは逆に減税の方向です。





不動産から上がる利益は、



キャッシュフローが、出る物件であればあるほど、



金額が高い物件であればあるほど、



大きくなっていきますので、



これから物件から上がるキャッシュフローを



しっかりと残していきたいのであれば、



法人化を考える必要があります。