• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > 政権交代でどうなる?2

税制改正を賢く活用

政権交代でどうなる?2

民主党のマニュフェストから、
個人に対しての税金の変更点をお伝えします。
民主党のマニュフェストには、
「配偶者控除」を廃止すると書かれてあります。
配偶者控除とは、
奥さんなどの配偶者が所得38万円以下の時に受けられる控除です。
金額は38万円。
これが廃止されるとなると、
今までパートで年収103万円までに抑えていた人は、
この103万円を気にしなくてもよくなります。
なぜ103万円かというと、
給与には給与所得控除というものがあって、
これが最低65万円あるからです。
103万円 - 65万円 = 38万円
そして配偶者控除がないとなれば、
不動産投資をしている人で、
奥さんが専業主婦の場合や、
奥さんが今までパートで年収103万円以内に抑えていた場合は、
奥さんに物件を取得したもらった方が、
今までよりも税金的には有利になります。
今までも奥さんに取得してもらうことで、
家族全体の税率は下がる場合が多かったのですが、
配偶者控除がなくなると、それがもう少し有利になります。
ただしお金を借りる金融機関には、
事前に承諾を得ておく必要がありますので
気を付けてくださいね。
民主党のマニュフェストから、個人に対しての税金の変更点をお伝えします。

民主党のマニュフェストには、「配偶者控除」を廃止すると書かれてあります。

配偶者控除とは、奥さんなどの配偶者が所得38万円以下の時に受けられる控除です。

金額は38万円。

これが廃止されるとなると、今までパートで年収103万円までに抑えていた人は、この103万円を気にしなくてもよくなります。

なぜ103万円かというと、給与には給与所得控除というものがあって、これが最低65万円あるからです。

103万円 - 65万円 = 38万円

そして配偶者控除がないとなれば、不動産投資をしている人で、奥さんが専業主婦の場合や、奥さんが今までパートで年収103万円以内に抑えていた場合は、奥さんに物件を取得したもらった方が、今までよりも税金的には有利になります。

ただしお金を借りる金融機関には、事前に承諾を得ておく必要がありますので気を付けてくださいね。