• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > 土地が圧縮される?

税制改正を賢く活用

土地が圧縮される?

実は、平成21年または平成22年に土地を購入すると、土地が圧縮されて小さくなるかもしれません。(笑)

これは土地が本当に小さくなるわけではなく、(当然です)土地の買った値段が小さくなるのです。


これは「先行取得した土地の圧縮記帳の特例」というなんだかよくわからない名前の税制で、今年の改正で出てきたものです。


わかりやすくするために具体例を出しましょう。

例えば、平成21年に1,000万円の土地Aを買ったとします。

そしてもともと持っていた土地Bを平成25年に売却してその売却益が600万円出てきたとします。

そうするとこの600万円の80%の480万円が、土地Aの金額1,000万円から引くことができるのです。


そうするとどうなるのか?

土地Bの売却益は600万円から480万円を引いた120万円となり、この120万円に税金が掛けられますので、600万円よりも当然税金は低くなります。


その代り、土地Aの買った金額は1,000万円から480万円を引いた520万円になってしまうのです。

 土地A 1,000万円 -(600万円 × 80%)= 520万円

1,000万円の土地が520万円になること、これを「圧縮」というんですね。

その結果、将来この土地Aを売却した時は売却益が出やすくなります。

ちなみに平成22年に土地を買うと、圧縮されるパーセンテージは60%に減ってしまいます。

このような税制改正をうまく活用できれば、効率的にお金を残すことができるようになりますね。