• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 税制改正を賢く活用 > 儲かっても税金がかからない?

税制改正を賢く活用

儲かっても税金がかからない?

平成21年にできた制度で、将来土地を売却して利益が出ても、税金が掛からないという、不動産投資家にとってはとてもいい税制です。


だだし色々と条件があります。


まず条件の一つ目は、平成21年か平成22年に買った土地が対象となります。


そして2つ目。

買う人は個人でも法人でもいいのですが、土地を買ってから5年超持たないと適用できません。


そして3つ目。

税金が掛からない範囲は、利益が1千万円までです。


例えば、平成21年に4千万円の土地を買って、5年を超えた平成27年にその土地を5千万で売れたとします。

( 売却額5千万円 - 取得額4千万円 = 売却益1千万円 )

そうすると、この1千万円から特別控除1千万円を控除することができますので、利益は0円となり、税金は掛からないことになります。

( 売却益1千万円 - 特別控除1千万円 = 売却益0円 )


今年はこの他にも不動産投資家にとってお得な税制改正があります。

このような税制改正をうまく活用することができれば、

投資効率は格段によくなりますね。