• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 消費税還付をするとメリットしかないのか?

消費税を賢く節税

消費税還付をするとメリットしかないのか?

消費税還付が成功すると、大きなお金が還ってくるわけですが、
では、消費税還付はメリットしかないのでしょうか?

実は消費税還付をするときの経理方法で、税込み処理と、税抜き処理があります。

例えば1億800万円(消費税800万円)の建物があったとします。

税込み処理だと、

 建物 1億800万円 / 預金 1億800万円

という仕訳になります。

この処理で消費税還付が成功すると、800万円が戻ってきます。

この時の処理は、

 預金 800万円 /雑収入 800万円

となりますので、この雑収入に対して税金が掛かるんですね。

逆に税抜き処理だと、

 建物 1億円 / 預金 1億円

という仕訳になります。

これだと、消費税分の800万円が戻ってきても、雑収入にはなりません。

では、800万円はどこにいくのか?

先ほどの税抜き処理と比べると、建物の金額が800万円小さくなっていることがわかります。

なので、建物が小さくなった分、購入後の減価償却費が減ってしまうんですね。

と言っても、消費税還付が成功する方が、キャッシュフロー的にはかなりメリットがあります。


ただ消費税還付については、今回の改正で、今年の4月以降は、
これまでのスキームで、消費税還付はできなくなります。


「これまでのスキーム」って何?という方は、次のページをお読み下さい。

 ⇒ http://tax.kanae-office.com/kanpu.html


ただし、新築物件も中古物件も、2016年3月末までに引き渡しを受ければOKです。

といっても、残り僅か1ヵ月余り!