• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 絶対に消費税還付できない状態とは?

消費税を賢く節税

絶対に消費税還付できない状態とは?

消費税の仕組みは、預かった消費税から、支払った消費税を引くことで、計算します。

例えば、預かった消費税が10万円で、
支払った消費税が7万円なら、差引3万円の消費税を納めることになります。

そして、消費税還付は、預かった消費税よりも、支払った消費税が多い場合に成立します。

預かった消費税が1万円で、支払った消費税が7万円なら、
6万円が戻ってくるということになりますね。

消費税はこの計算方式が原則で、本則課税といいます。

でも、絶対に消費税還付ができない申告方式があります。

それは、簡易課税という申告方式です。

簡易課税は、預かった消費税から、預かった消費税に業種によって
決められたパーセンテージを掛けた分を支払った消費税と考えます。

例えば、預かった消費税が10万円なら、
不動産賃貸業の引けるパーセンテージは40%なので、
4万円を引いた、6万円の消費税を納めることになります。

この計算方式だと、支払った消費税が預かった消費税を超えることがないので、
絶対に消費税還付することができないわけです。