• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 消費税還付額を多くする方法とは?

消費税を賢く節税

消費税還付額を多くする方法とは?

物件を購入するときに消費税還付額を満額にするためには、
「課税売上割合」というものを理解する必要があります。

課税売上割合というのは、すべての売上のうち、
課税売上が何割あるのかということです。

計算式としては次のようになります。

  課税売上割合
────────────────────── ×100 = 課税売上割合
 課税売上+非課税売上

簡単に言うと、物件の建物に掛かる消費税に、
この課税売上割合を掛けた金額が還付額となります。

例えば、1億円の建物で、それに対する消費税額が800万円、
課税売上割合が50%だと、還付額は単純計算で400万円となります。

消費税額800万円×課税売上割合50%=400万円

だから、課税売上割合を大きくすることがとても重要なんですね。

そして、この課税売上割合が100%なら還付額は満額になるわけです。