• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 消費税還付の絶対条件 課税売上とは?

消費税を賢く節税

消費税還付の絶対条件 課税売上とは?

消費税還付を成功させるためには、「課税売上」がなければダメです。

課税売上とは、

1、国内で
2、事業者が事業として
3、対価を得て行われる
4、すべての物品の販売・貸付け・サービスの提供

ですので、日本で行われている商売のほとんどが課税売上です。

不動産賃貸業では、店舗や事務所、駐車場の賃貸収入が課税売上になります。

あと建物の売却も課税売上です。

でも、本来は課税取引なのに、取引の性格や社会政策的な配慮から非課税となるものがあります。

この売上を「非課税売上」といいます。

不動産賃貸業では居住用の賃貸料はこの非課税売上になります。

あと土地の売却も非課税です。

それでは課税売上にはどのようなものがあるのでしょうか?

先ほどの4つの条件のように、ほとんどの商売が課税売上ですので数え上げればキリがありません。

物品の販売でいえば、スーパーも服屋さんも魚屋さんも自販機の収入もその売上はすべて課税売上です。

貸付けでいえば、レンタカーやレンタルビデオなどが課税売上です。

サービスの提供でいえば、携帯の通話料金や宅配便、
そして僕の税理士業による売上も課税売上です。

ただ事業者が事業として行うものですから、その取引は反復継続的に
行うことが必要ですので、生活用のものを要らなくなったからと言って
オークションで販売しても、それは課税売上ではありません。

課税売上は消費税還付の絶対条件なので、覚えておいて下さいね。