• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 消費税還付が難しくなった理由

消費税を賢く節税

消費税還付が難しくなった理由

色んな不動産投資家さんや、不動産業者さんとお話ししていると、
まだまだ、今でも消費税還付ができることを知らない方が多いようです。

消費税還付は、以前は普通にできていましたが、
平成22年の税制改正から、難しくなりました。

税制改正の内容は、簡単に言うと次の3つに当てはまると、
還付された金額を、将来返さなくてはならなくなるというものです。

1、平成22年4月1日以降に課税事業者選択届出書を提出して
課税事業者を選択した者

2、平成22年4月1日以降開始する課税期間から課税事業者となる者

3、課税事業者となった課税期間の初日から2年を経過する日までの間
調整対象固定資産(土地や建物のこと)を購入した者

でも、逆に言えば、この 3 つの条件のうち 1 つでも該当しなければ、
まだ消費税還付が成功する可能性があるということです。

そして、この3つの条件のうち1つをどうやって外すかが、
腕の見せ所というわけです。