• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 消費税率が外食とテイクアウトで変わる?

消費税を賢く節税

消費税率が外食とテイクアウトで変わる?

2019年10月から、消費税率は10%に引き上げられる予定です。

でも一部は8%のままの消費税率で据え置かれます。

その据え置かれるものは、飲食料品と週2回以上発行で定期購読の新聞です。

中でも飲食料品は、テイクアウトは8%ですが、外食すると10%になります。

また、飲食料品といっても、酒類は10%に引き上げられます。

例えば、調味料の一つである「みりん」は酒類なので10%です。

一部、軽減税率の導入でかなり判定がややこしくなりそうですが、
建物などの不動産は、当然10%に引き上げられます。

先日、解説したインボイス制度導入までは、
消費税率が10%に引き上げられることで、消費税還付額も多くなりそうですね。