• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 消費税で大家が大損しているわけとは?

消費税を賢く節税

消費税で大家が大損しているわけとは?

今年の4月から消費税は8%にアップしてますね。

来年10月からは10%に上がるかもしれません。

でも、実は消費税が上がっても、会社の利益は変わらないんです。

例えば、1,000円のものを仕入れて、3,000円で売ったとしましょう。

消費税5%だと、消費税50円を仕入れ業者に払って、
150円の消費税をお客さんからもらいます。

すると、税務署に納める消費税は100円になります。

もらった消費税150円―払った消費税50円=納める消費税100円

でも会社の利益は、2,000円ですよね。

税込の売上3,150円―税込の仕入1,050円=税込の利益2,100円

税込の利益2,100円―納める消費税100円=利益2,000円

これが8%になったとしても、納める消費税だけが変わって、
会社の利益は変わりません。

税込の売上3,240円―税込の仕入1,080円=税込の利益2,160円

税込の利益2,160円―納める消費税160円=利益2,000円

なぜ、このようになるかというと、
消費税はその名の通り、「消費者」が負担するものだからなんです。

でも、居住用の物件を運営している大家は、
家賃に消費税を掛けることができないので、
仕入の消費税を引くことができないのです。

そして、大家にとっての仕入とは、
建物であったり、修繕費であったりするわけです。

結果、通常のものやサービスを販売、提供している会社なら引ける消費税が、
大家だと引くことができないので、大損しているわけです。

大家にとっての消費税は、
完全に国にしてやられているということなんですよ。