• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 居住用物件の大家さんは消費税率アップで損している?

消費税を賢く節税

居住用物件の大家さんは消費税率アップで損している?

4月から消費税率が8%にアップしました。

これによって僕たちが普通にモノを買う時も、
今までより3%多くお金を払うことになります。

でも商売をしている人にとっては、
その分、売上も3%分アップするので、
実は消費税アップ分を負担していないことになります。

例えば100円のものを仕入れて、300円で売る場合を考えてみましょう。

5%の時 315円-105円=210円 利益200円 消費税10円納税

8%の時 324円-108円=216円 利益200円 消費税16円納税

消費税率がどちらでも利益200円は変わってませんよね。

なぜなら消費税は、最終的に消費税者が負担するものだからです。

でも、居住用物件の大家さんは、
電気代や管理費などの消費税率がアップしているのに、
居住用の家賃には消費税が掛からないと理由で、
家賃アップはなかなかできるものではありません。

だから、居住用物件を持つ大家さんは、
消費税率アップで損をしていることになります。

でも、逆に消費税還付ができれば、
還ってくるお金も多くなることになります。 casino online