• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > 個人の消費税還付が難しい理由とは?

消費税を賢く節税

個人の消費税還付が難しい理由とは?

消費税還付は改正改正で、現在は個人での消費税還付は難しくなっています。

その理由は、法人だとすべての取引が事業として行われるので、
消費税の課税売上の条件である「事業者が事業として行う取引」が
満たされないケースが多々あるからです。

「事業としては」とは、対価を得て行われる資産の譲渡等を
繰り返し、継続、かつ、独立して行うことです。

なので例えば、個人の中古車販売業者が行う中古車の売買は、
事業として行う売買になります。

でも、たまたま自分の自家用車を手放す行為は、
事業として行う売買とはならないんですね。

このような理由から、個人での消費税還付は、
消費税還付の条件の1つである、課税売上を上げることが難しいんですね。

でも、法人だとすべての取引が事業として行われるので、
消費税の課税売上の条件を満たすことができるので、
まだまだ消費税還付は可能です。