• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 消費税を賢く節税 > なぜ消費税還付ができないといわれるようになったのか?

消費税を賢く節税

なぜ消費税還付ができないといわれるようになったのか?

今、物件を購入するときや、新築を建てるときに、税理士さんに
「消費税還付はできますか?」と聞いても、
ほとんどの税理士さんは、「居住用の物件はできません」
と回答されると思います。

なぜなら、居住用の物件の消費税還付は、
平成22年4月以降に消費税の改正があって、
3年目の調整計算をしなければいけなくなったからです。

消費税には、課税売上割合という考え方があります。

これは、売上全体のうち、課税売上がどれぐらいあるかを表すものです。

この課税売上割合が高いと、消費税還付の額も大きくなります。

ただ、居住用の物件だと、通常はこの課税売上割合が低くなってしまいます。

3年目の調整計算というのは、1年目の課税売上割合と、
3年間トータルの課税売上割合を比べて、
そのかい離が大きいと、再計算するというものです。

要はこれによって、還付された消費税を、
また返さなければいけないことになるんですね。