• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

5,000円得する?

実は何かをするだけで、所得税が5,000円控除されることがあります。


それは「電子申告」。

国税庁は数年前から、経費削減に向けて電子申告を推し進めています。

僕たち税理士のところにもお願いにくるぐらい必死です。

そんな中で昨年から導入された、「電子申告特別控除」というものがあります。

それは、皆さんが役所で住基カードを取得してそれに電子認証を入れて、確定申告のときにそのカードを使って、署名して申告すると、5,000円税金を控除してくれます。

この特別控除は平成20年の申告、つまり今回の確定申告まで適用可だったのですが、

あまり普及していないこともあいまって、2年延長されました。


でもこの特別控除を受けるためには、住基カード取得の費用が1,000円。

カードを読み込む為の機械の費用が3,000円程度。

それに交通費や時間も合わせると、あまりメリットはないかもしれませんね。