• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 4年落ちの車はなぜ節税になるのか?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

4年落ちの車はなぜ節税になるのか?

最近、法人で車を購入したいという相談が増えていますが、

よく言われる話で、

4年落ちの車は節税になるという話がありますね。


これは、減価償却の耐用年数に秘密があるんです。


普通車の、新車の耐用年数は6年です。


一方、中古の場合は、耐用年数を次のように計算します。


・耐用年数の一部を経過している場合

耐用年数-経過年数+(経過年数×20%)


・耐用年数の全部を経過している場合

耐用年数×20%


で、とちらも小数点以下切り捨てで、

2年を切る場合は、耐用年数2年になります。


で、この式に当てはめると、

・6年経過している場合

6年×20%=1.2年 だから2年


・5年経過している場合

6年-5年+(5年×20%)=2年


・4年経過している場合

6年-4年+(4年×20%)=2.8年 だから2年


このように、4年経ってても、6年も経ってても

耐用年数は2年と同じになります。


同じ耐用年数なら、新しい方がいいですよね?

だから、4年落ちの車は節税になると言われるんです。

《編者 叶 温》
<iframe src=”http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Ftax.kanae-office.com%2F&amp;send=true&amp;layout=standard&amp;width=450&amp;show_faces=true&amp;action=like&amp;colorscheme=light&amp;font&amp;height=80″ scrolling=”no” frameborder=”0″ style=”border:none; overflow:hidden; width:450px; height:80px;” allowTransparency=”true”></iframe><a href=”http://twitter.com/share” data-count=”none” data-via=”kanae22″ data-lang=”ja”>Tweet</a><script type=”text/javascript” src=”http://platform.twitter.com/widgets.js”></script>
<a href=”http://www.kenbiya.com/blog/vote_list/98″ title=”健美家人気の不動産投資ブログ記事ランキング” target=”_blank”>
<img src=”http://www.kenbiya.com/img/blg/votebutton.gif” alt=”不動産投資
の収益物件” border=”0″ /></a>
<font size=”1″><a href=”http://www.kenbiya.com/” title=”不動産投資” target=”_blank”>不動産投資の健美家</a></font></a>