• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 物件購入前 > 高所得者が築古を買うメリットは?

所得税・法人税を賢く節税

物件購入前

高所得者が築古を買うメリットは?

高所得者の方が、
「減価償却費の取れる物件が欲しい」
と言っている話を、たまに聞きます。

では、高所得者が築古を買うメリットは何でしょう?

高所得者は所得税率が高いですよね。

築古物件を購入すると、短期で減価償却費を計上できて、
不動産所得がマイナスになるケースが多いんです。

そうすると、給与所得や事業所得など他の所得と合算できるので、
所得税・住民税が少なくなります。

その所得税・住民税率は最も高い方で55%です。

そして、5年を超えて物件を売却すると、売却益が出るわけですが、
その税率は、長期譲渡所得税率の20%になります。

この税率の差によって節税ができるので、
高所得者の中には築古を欲しがる方がいるんですね。