• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

銀行目線で急がば周れ?

税理士として色々な相談を受けていると、よく言われることがあります。

「できるだけ経費に入れて、節税したいです!」と。

経費に入れるものとしては、自宅の家賃の一部や水道光熱費、車に係る経費等などなど。

あれ、なんだか舛添知事みたいですね。


でも、冷静になって銀行目線で考えてみましょう。

経費が多くて利益が少ない人と、経費が少なくて利益が多い人、
どちらにお金を貸したいでしょうか?

もちろん、経費が少なくて利益が多い人ですよね。

そして、利益が多い人ほど金利交渉された時に、下げたくなります。

不動産賃貸業の経費の中で、上位を占めるものの一つに金利があります。

1億円の借入で、1%金利を下げることができれば、
約100万円、年間の税引き前キャッシュフローを改善できます。

だから、急がば周れの精神で、目の前の小さいお金より、
将来の大きいお金を得られるようになって下さいね。