• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 青色申告 > 貸借対照表は55万円!

所得税・法人税を賢く節税

青色申告

貸借対照表は55万円!

貸借対照表ってきいたことありますか?

これは建物や土地、現金預金などの資産と借入れなどの負債の残高を示す表です。

これを見れば、あなたの資産がどれぐらい借金でまかなわれているかがわかります。

僕のようにフルローンで物件を購入している人であれば土地建物のほとんどが借金でまかなわれていることになります。


でも白色申告をしている人や、青色申告でも帳簿を簿記でつけていない人は、この貸借対照表は必要ありません。


その代わり、税金の特典もなくなります。

その特典とは、「青色申告特別控除」です。

“青色”なので白色申告はまったくこの控除はありません。

そして貸借対照表をつけない青色申告の特別控除は10万円です。

一方、ちゃんと簿記を使って、貸借対照表まで作ると青色申告特別控除は65万円になります。

その差額、なんと55万円!

簿記の知識があって、貸借対照表をつけるだけで、永遠に毎年55万円控除してくれるのです。

これは大きいですね。

もちろん65万円を控除するためには、5棟もしくは10室以上の不動産でなければいけませんが、

これ以上の規模の方は、絶対に有利です。


今は簿記を知らなくても、少し勉強すれば会計ソフトでつけることができます。