• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 経費を入れないほうがお金は残る?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

経費を入れないほうがお金は残る?

物件を購入して、不動産運営が始まると、
できるだけ経費を入れたいですよね。

“経費”という言葉は“節税”と一緒で、魅力的に聞こえるようです。

特に、お給料から経費を引くことのできない、
サラリーマンの方は、その傾向が強いように思います。

でも、これから不動産投資を拡大していきたい人にとっては、
経費を多くすることで、お金が残らなくなる可能性が大きいんです。

経費が多くなるということは、利益が少なくなるということ。

利益が少なくなるということは、税金も少なくなるので、節税になります。

でも、利益が少ないということは、銀行からの評価も悪くなるということです。

銀行からの評価が悪くなるということは、
金利交渉もやりにくくなるということです。

金利というのはキャッシュフローに与える影響はかなり大きく、
1億円の借入で1%金利が下がれば、単純計算すると、
税引き前で100万円のお金が残ることになります。

だから、僕は顧問先や相談者に、
「変に経費を積み増すよりも、しっかりと利益を出して、
金利を下げる方が、結局お金が残りますよ」
とアドバイスしています。

参考にしてくださいね。