• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 確定申告 > 税金に時効はあるのか?

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

税金に時効はあるのか?

税金の世界では、申告期限や納税期限は、とても重要です。

では、期限を守らなかった場合、時効はあるのでしょうか?

まず、申告書を期限内に提出した場合は、原則として申告期限の翌日から3年で時効が到来します。

税務調査が開業してから3年後にくることが多いのは、この3年の時効が関係しているのでしょうね。

次に、申告書を期限内に提出していない、いわゆる無申告の場合は、
原則として申告期限の翌日から5年で時効が到来します。

ただし、平成16年以降の贈与税については、時効が6年になっています。

最後に、申告書を期限内に提出していても、また無申告の場合でも、
脱税の意思があったと認められる場合は、時効は申告期限の翌日から7年に延びます。

このように時効は状況や税目によって変わるのですが、
なにわともあれ、しっかりと申告期限内に申告し納税することが大切ですね。