• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 社宅にすると自己負担が激安に!

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

社宅にすると自己負担が激安に!

僕は賃貸マンションに住んでいるのですが、
先日、特優賃として助成のあった、行政との契約が外れ、
家主さんと直接契約することになりました。

それまでは、特優賃なので社宅にはできなかったのですが、
この際に、借り上げ社宅とすることに。

社宅としての賃貸料相当額の計算は次の1,2,3の合計額になります。

1、その年度の建物の固定資産税の課税標準額x0.2%
2、12円x床面積(平米)/3.3平米
3、その年度の敷地の固定資産税の課税標準額x0.22%

神戸の区役所で、賃貸マンションの土地と建物の固定資産税評価証明書を取り、
社宅としての家賃を計算してみました。

固定資産税評価証明書は賃貸人であれば、家主の承諾なしに取ることができます。

そして、計算してみた結果、なんと自己負担は今までの約1/10に!!

社宅にすると自己負担は激安になって、
ほとんど会社の負担とすることができるんです。

法人を使うと、このような節税の仕組みを活用することができますが、
やはりプロと相談しながら決めることが重要です。