• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 確定申告 > 確定申告に向けてどんな資料がいる?

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

確定申告に向けてどんな資料がいる?

確定申告をするためには、準備をしなければいけません。

会計事務所では確定申告の資料が揃うかどうかが、

仕事を早く終わらせるポイントなんです。

ですから、今月ぐらいから確定申告に向けて資料を揃え、

数字をまとめておくと、確定申告をスムーズに進めることができます。

何よりも早めに数字をまとめておくことで、

決算対策ができるようになります。

例えば、

「今年はかなり利益が出そうだから、

来年に予定していた修繕を今年中にしておこう。」

なんてことも、決算の予想ができれば可能な訳です。

では、確定申告に必要な資料には、どのようなものがあるのでしょう?

勤め先からお給料をもらっていて、

今年初めて不動産を購入した人で、

株や配当等の他の所得がないケースの場合は、

次のような資料が必要になります。

1、勤め先からもらう源泉徴収票

2、管理会社からの賃料入金明細
(管理を外注していない場合は賃料が振り込まれる通帳)

3、礼金や敷金、敷引の金額がわかる賃貸契約書

4、自販機等のその他の収入が分かる書類

5、固定資産税の通知書

6、火災保険、地震保険の証券

7、修繕費の見積書、請求書、領収書

8、売買契約書類

9、借入の返済予定表

10、水道光熱費や交通費、接待交際費などの経費の領収書

まずは、これらの資料を早く集めて整理しておくことが重要です。