• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 確定申告 > 決算書はどちらを使う?

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

決算書はどちらを使う?

確定申告に向けて必要な資料の準備ができたところで、

次はいよいよ確定申告書の作成内容にいきましょう!

確定申告の第一手順は、「決算書」を作成することです。


しかし、不動産所得の「決算書」は2種類あります。

1つは「青色申告決算書(不動産所得用)」。

これは不動産の運営を始めてから2ヵ月以内に

「青色申告承認申請書」を提出した人が使う決算書です。

ですから、この申請書を提出し忘れた人や、

そもそも提出する気のない人は、

違う決算書を使わなければいけません。

その違う決算書が2つめの「収支内訳書」です。

これは、青色申告の申請をしていない、

白色申告をする人用の決算書です。

もし来年から青色申告をしたい場合は、

青色申告承認申請書」を青色申告したい年の

3月15日までに提出すれば、

その提出した年から青色申告をすることができますので、

今年の確定申告書を提出する

来年3月15日までに一緒に出しておきましょう。