• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 確定申告 > 不動産コンサル​タントへの報酬

所得税・法人税を賢く節税

確定申告

不動産コンサル​タントへの報酬

はじめて物件を取得する方の中には、

不動産コンサルタントにコンサルをしてもらっている方がいます。

では、この不動産コンサルタントに報酬を支払っている金額は、

どのような扱いになるのでしょうか?


必要経費?

物件の取得価額の一部?

それとも、経費も取得価額にもならない?


実は、経費にも取得価額にもなりません。

それでは、どうなるのかというと、

コンサルタント報酬は、開業準備のために特別に支出した費用となり、

繰延資産である「開業費」というものになります。


開業費になると、通常5年で均等償却することになります。

コンサルタント料として300万円掛かったとすれば、

 300万円 ÷ 5年 = 60万円

となり、年間60万円が償却費として経費なります。


しかし、確定申告書に記載すれば、この300万円の範囲内で、

いつでもいくらでも償却することができます。


これを利用すれば、利益のあまり出ないときは償却せず、

利益の出そうなときに償却するということもできます。

将来該当しそうな方は、うまく使ってくださいね。