• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 相続税対策に法人化が有効?

所得税・法人税を賢く節税

法人化

相続税対策に法人化が有効?

賃貸不動産を活用すると、相続税対策になるとよく言われます。

これは、賃貸不動産は相続税法上、評価額が低くなるからです。

例えば1億円の預金を持っていると、相続税法上の評価額は1億円のままです。

でも、この1億円を使って、賃貸不動産を購入すると、評価額が5割から7割くらいになります。

でも、個人で賃貸不動産を購入すると、当初は評価額が下がることによって相続税対策になるのですが、
その賃貸不動産からお金が入ってくると、その個人にお金が貯まってしまうので、
また、それに対する相続税対策を考えなければいけません。

一方、法人を活用すると、当初の節税効果は個人に劣るものの、
長い目で見ると、効果の高い相続税対策をすることができます。