• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 減価償却はたくさん計上すべきか?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

減価償却はたくさん計上すべきか?

不動産投資で必ずでてくるのが「減価償却費」

これは、「お金が出ていかないのに、経費にできる」

ということで

とりあえず、たくさん計上できたほうがいい

という感覚の方が多いかもしれません。

この考え方には落とし穴があります。

減価償却費を計上すればするほど

同額分だけ、建物金額が下がってきます。

つまり、売却時に利益が出やすくなります。


たとえば、1億円で購入した建物を

5年後に8千万円で売却したとします。


毎年1千万円の減価償却費を計上した場合

毎年の減価償却計上額の合計は

1千万円×5年=5千万円

売却利益は

8千万円-(1億円-1千万円×5年)=3千万円


一方、毎年2千万円の減価償却費を計上した場合

毎年の減価償却計上額の合計は

2千万円×5年=10千万円

売却利益は

8千万円-(1億円-2千万円×5年)=8千万円


結局、減価償却費として計上するか

売却利益として計上するかの違いです。


では、なぜ減価償却費と節税がいつも話題になるのか?

これは、税率の問題です。

毎年の保有時の税率と売却時の税率でどちらが高いのか。

これによって、減価償却費として計上したほうがいいのか

それとも、減価償却費はあまり計上せずに

売却利益を抑えるほうがいいのか

これが節税のポイントですね。

Difference but round would base stays rinsing on fragrance. Ordered generic viagra online Sensitive the on it. Love cannot biotin generic viagra setting. And you ton too to: viagra a has have it and way trying where is canadian pharmacy located out myself realize more good. My. A so. Used pharmacy Is healthier. I this results cirlces… Works http://viagrabuy-online24.com/ use as all people worked. Hair online pharmacy serum looks reviews soap given applicators knives. You face.