• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

減価償却で節税?

よくこんな話を耳にします。

「木造は減価償却をいっぱいとれて、節税になるので

個人で取得しようと思います。」

これはどういうことかというと、

同じ1億円の物件でも

RCと木造では1年あたりの減価償却費が違う

ということを利用した節税です。

例えば、減価償却費が

RCだと500万円/年

木造だと1000万円/年

だったとすると、木造の方が経費が500万円/年多いので

結果的に利益が500万円少なくなり、

税金が少なくなるということです。

1年だけ考えると、確かにそうなのですが

全体を考える必要があります。


1億円の物件であれば、RCでも木造でも

トータルの減価償却費は同じです。

つまり、

RCだと500万円/年が20年続きます。

木造だと1000万円/年が10年続きます。

ですので、初めの10年間は木造の方が

節税効果が高いですが

後半の10年間はRCの方が

節税効果が高いです。


「じゃあ、同じじゃん」

と、言いたくなりますが

ここに税率の差をからめさせていきます。

例えば、

あと10年間は今の会社に勤めるので

税率がとても高い。

という方であれば、

木造で早めに減価償却を取る方が

節税につながります。


ただし、まだまだ現役バリバリで

これからお給料が上がっていく

という方であれば、

木造を個人買ってしまうと

お給料が上がった、税率の高い時期に

不動産の所得が生じてくる

ということになります。

ですので、情報はかならず

ご自身に置き換えて

検討して下さいね。

木造を売りたい業者の

売り文句に騙されないように。