• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 法人化 > 法人化の際に簿価と残債のバランスが悪い状態とは?

所得税・法人税を賢く節税

法人化

法人化の際に簿価と残債のバランスが悪い状態とは?

節税のために個人で持っている物件を法人へ売却するケースがあります。

法人で所有したほうが、家族への役員報酬など、節税の幅が広がりますからね。

でも、物件を個人から法人に移す時に注意することがあります。

それは、移す物件の簿価と残債のバランスです。

通常、物件を移す時は、簿価で移すことが多いのですが、
簿価より残債の方が大きいと、借入が残ってしまうからです。

例えば、簿価8千万円、残債1億円の状態で、個人から法人へ物件を移すケースを考えてみましょう。

簿価で物件を移すということは、法人に8千万円で売却するということになります。

だから法人は金融機関より8千万円を借入して、個人に購入代金を支払います。

一方、個人は法人から8千万円を売却代金として受け取るわけですが、
残債が1億円あるので、残りの2千万円は、自己資金を出さないといけなくなるんですね。