• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 法人化 > 売却を考​えると法人、個人どち​らが得か?

所得税・法人税を賢く節税

法人化

売却を考​えると法人、個人どち​らが得か?

個人で購入した物件を売却して売却益が出た場合は、
保有期間によって、売却益に掛かる税率が変わります。
 短期(5年以内) ⇒ 39%
 長期(5年超)  ⇒ 20%
逆に売却損が出た場合は、
個人の場合は、他の所得と通算できず、
同年内に他に売却した物件の売却益とだけ
通算ができます。

 
一方、法人の場合は、
所得によって税率は変わりますが、
売却益に対して22%~38%の税率です。
逆に売却損が出た場合は、
法人の場合は、個人とは違い、
所得を通算することができます。

 
これをまとめると、
【売却益が出た場合】
短期 法人が有利
長期 個人が有利
【売却損が出た場合】
法人が有利

 
となります。
物件取得を個人か法人か選択するのは、
あなたの状態全体を見てみなければいけませんが、
やはり法人の方が比較的有利なことは、

覚えておいてくださいね。