• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 法人化メリット(減価​償却費)

所得税・法人税を賢く節税

法人化

法人化メリット(減価​償却費)

みなさんご存知の通り、物件を購入すると、建物価格は耐用年数に応じて

減価償却をしていくことになります。

新築建物であれば、RC47年、重量鉄骨34年、木造22年

と、「耐用年数」が決まっているんです。

例えば、新築のRC建物が1億円であるならば、

毎年2,200千円(1億円×0.022(耐用年数47年の償却率))の減価償却費を計上することになるんです。


しかし、この減価償却費、個人の場合と法人の場合では少し扱いが異なってきます。


個人の場合は「強制償却」なので、毎年必ず2,200千円の減価償却費を

計上しないといけないのです。たとえ赤字の年であってもです。


法人の場合は、「任意償却」なので、好きな年に減価償却費を計上できるのです。

ただし、上限は例の場合2,200千円となります。

上限はあるけど下限はないのです。

これは便利ですね!!!

法人にするとさまざまなメリットがあります。