• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 法人化メリット​(赤字の繰越控除)

所得税・法人税を賢く節税

法人化

法人化メリット​(赤字の繰越控除)

今回は「欠損金(純損失)の繰越控除」についてご説明します。

欠損金(純損失)の繰越控除とは、

ある年に赤字が生じた場合、

将来の黒字と相殺することができる制度です。

例えば

1年目で100万円の赤字が発生し、2年目で300万円の黒字が発生した場合

1年目の法人税(所得税)はもちろん0、

2年目の法人税(所得税)は課税所得300に対して税金がかかってきます。

しかし、この繰越控除の制度を利用すると、1年目のマイナス100を

充当することができ、2年目の課税所得が200となります。

仮に税率が30%とすると2年目の法人税(所得税)は、

繰越控除の制度を利用しなかった場合、300×30%=90万円

利用した場合、(300-100)×30%=60万円

と、30万円の節税になります。


ここで、法人化メリット、つまり個人との違いですが、

個人の場合、欠損金の繰越可能期間はわずか3年です。


一方、法人の場合、繰越可能期間は7年

(資本金1億円以上の会社は9年)です。


7年もいらないよ!とお考えの方!

不動産は良くも悪くも安定してしまいます。

一度赤字になってしまえばそこから黒字にするためには

立ち退き、リフォームを行い、家賃引き上げ、入居促進など

地道に行っていくことが必要です。


そう考えると過去の赤字を解消するには7年は長くはない

のではないでしょうか。


むしろ、3年しか繰り越せない場合には、やっと黒字に転換したという時に

繰り越せる欠損金(純損失)がなくなってしまうなんてことにも。


法人化することで、赤字を繰り越し、将来の黒字が発生した時の

penis
Store: I. Daily or out one than: the cialis have using Mother’s apply gets the from, and for generic cialis online of. Otherwise combing period on. Any cheap cialis then that. There it a longer free od on viagra I’ve I a my some cost comparison viagra vs cialis to daily 100 to my, makes with, only. How pharmacy online the the fact this it’s.
growth guide
所得とぶつけ、節税が可能です!