• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 法人化のタイミング?

所得税・法人税を賢く節税

法人化

法人化のタイミング?

法人化=個人所有の物件を法人へ売却すること

この相談をお受けすることが非常に増えています。

そこでよくお聞きするのが

「法人化すべき目安って何でしょうか?」

という質問。

「売上1千万円がラインですね」

と言われたら、まずその人の言うことは疑ってください。

「目安」なので、分かりやすくて

いいのかもしれませんが

数字を勉強している立場からすると

まず、「売上」で判断するのは論外です。

税金は「売上」によって決まるわけではありません。

「利益」によって税金は決まります。

ですので、100歩譲って、

「利益」(収入-経費等)で判断して下さい。

ただし、利益がいくらであれば法人化をした方が

いいかというのは、一概に言えません。

何故なら、法人化をした際に得られる節税メリット

というのは物件の力のみではなく、

「家族構成」や「今おかれている状況」などによって違うからです。

そもそも「利益」や「売上」と言った

「結果」に基づいて判断すること自体

あまりよくありません。

不動産投資の法人化を専門的にやってきて

思うことは、

「いつ、どうなりたいか」という今後の方針や目標

が最も重要です。

これは気持ちの問題ではなく、

その目標に向けてどうすれば一番近道なのか

そのうえで、法人化というスキームを

どの段階で行えばよいのか。

また、法人化しなくてもよいのか。

こういったことを過去の数字を参考に

理論的に考えていく。

これが、戦略的な投資でしょう。


「いい物件を購入する」

これはもちろんですが、

どうすればゴールに最短で到達するのか

また、それは法人で購入すべきかどうかなど、

専門家にトータルで見てもらうのも一つだと思います。