• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 法人化すると損失が活きる?

所得税・法人税を賢く節税

法人化

法人化すると損失が活きる?

物件を購入した年や、大規模修繕をした年は、損失が発生することが多いです。

この損失は、青色申告であれば、それ以降の年に繰り越すことができます。

繰り越すというのは、翌年に利益が出た場合に、
前年の損失と合算して、利益が少なくなるようにすることです。

ただ個人の場合は、給与等の他の所得と合算(これを損益通算と言います)して、

それでも損失が発生している場合だけ、繰り越すことができます。

そして、個人と法人で繰り越せる期間も異なります。

個人は3年、法人は9年です。

なんと、その差3倍!

法人の方が、損失が出た場合には、それを活かすことができそうですね。