• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > お給料, 所得税・法人税を賢く節税 > 扶養控除等申告書って提出しないとどうなるの?

所得税・法人税を賢く節税

お給料

扶養控除等申告書って提出しないとどうなるの?

毎年、何故か会社に提出する、あの資料。

「扶養控除等申告書」

会社に提出すればどうなるの?

提出しなかったらどうなるの?

提出するのが当たり前ですので、

提出したからと言って

これといったメリットは感じられていない

と思いますが、

実は、会社に提出しなかったら大変なことになるんです。

みなさん、お給料からいろいろなものが控除されて

残額が毎月振り込まれますよね。

あの控除は、社会保険料であったり税金であったりするのですが

その中に、源泉所得税というものがあります。

源泉所得税とは、税金の前払いです。

1月~12月のお給料額に基づいて所得税は計算されますが

そこで算定された税金を12月に一括で支払うとなると

資金的に厳しいですよね。

ですので、毎月ちょっとずつ概算で払い、

最後に調整をしましょうという制度です。

そこで、「扶養控除等申告書」を会社に提出しなかったら

源泉所得税が増えてしまうのです。

つまり、毎月の手取りが額が減ってしまうわけです。

(トータルで払う税金は変わりません)

例えば、月30万円のお給料で、扶養者が0人の方の場合

毎月の源泉所得税は8,420円から52,900円になります。

もちろん、年末調整などで12月には返金されるのですが

さすがにこれだけ変わってくると

毎月の生活が変わってしまいそうですね。

みなさん、「扶養控除等申告書」は必ず提出しましょう!