• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 建物割合を少しでも高くする方法

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

建物割合を少しでも高くする方法

1棟物件を購入するときに、

意識しておかなければならないのが、

土地と建物の割合ですよね。


なぜなら、建物の割合が高ければ、

購入した後の減価償却費が多くなり、

所有時の節税に繋がるからです。


この建物の割合は、

一般的には土地と建物の

固定資産税評価額で按分して

決めることが多いのですが、

この時に、少しだけ建物割合を大きくする方法があります。


その方法とは、建物の固定資産税評価額だけに、

消費税分の5%を加えるのです。


例えば、土地100、建物100の

固定資産税評価額だったとして、

そのままだと

土地100:建物100

建物割合50%

ですが、消費税分を足すことによって、

土地100:建物105

建物割合51.2%

となります。


とても小さいように思えますが、

物件金額が大きかったり、

今後、消費税が8%、10%と増税されれば、

その影響も大きくなります。


確定申告に向けて、建物の金額を決める時の

参考にしてくださいね。