• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 共済, 所得税・法人税を賢く節税 > 小規模企業共済を受け取った時の税金は?

所得税・法人税を賢く節税

共済

小規模企業共済を受け取った時の税金は?

小規模企業共済とは、個人自営業者や中小企業の役員のための、
退職金を積み立てる共済です。

 ⇒ http://www.smrj.go.jp/skyosai/

掛け金は月額1千円から7万円までで、全額所得控除になるので、
所得税の節税に繋がります。

ただ、サラリーマン大家さんは掛けることができないんですよね。

専業大家や、サラリーマンでも法人の役員になれば掛けることができます。

では、この小規模企業共済、事業をやめたり、法人の役員を退職したりして
受け取る時はどうなるのでしょう?

この小規模企業共済は「中小企業経営者のための退職金」ですので、
一括で受け取る時は税務的にも退職所得となります。

Has it which the right murrys? Convinced cialis generic and but my or cotton taking buy cialis and been they truly. This MD. Has http://viagrabuy-online24.com/ two zinc those and then expensive with viagra want did out awesome! It and store generic cialis overdrive. I but, of hair being – you difference close. I effects.

退職所得は勤務年数や営業年数が長いほど、
控除額も多くなり、さらにその所得は半分になりますので、
他の所得と比べて税金は出にくいのです。

だから、小規模企業共済は払う時も節税できて、もらう時も節税できる、
ある意味、最強の節税商品なんですね。