• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 共済, 所得税・法人税を賢く節税 > 小規模企業​共済で大節税!

所得税・法人税を賢く節税

共済

小規模企業​共済で大節税!

小規模企業共済とは、言わば、

小規模企業の役員さんや社長さんの

退職金制度です。


掛金を支払った時は、その掛け金の金額をそのまま

所得から控除することができます。

そして、事業を廃止した時や65歳歳以上(掛け金期間15年以上)の方が

返還の請求を行った場合などには共済金を受け取れますが、

一時に受け取った共済金は、「退職所得」又は「一時所得」となりますので、

税金が安くなります。




この制度、従業員の方(給与所得者)は入ることができないのですが、

例えば、旦那さんは会社勤めをしていても、

奥さんと物件を共有していれば、

奥さんは「共同経営者」となり、この小規模企業共済に入ることができます。



では、どれくらい節税が可能なのか見てみましょう。

所得800万円、掛金7万円/月額とすると、

年間で84万円を掛金に掛けます。


年間節税金額は84万円×33%=27.72万円にもなります。

30年間このままかけ続けると、受取金額は、

30,436,000円(掛金合計額は25,200,000円)

30年間を通してみてみると、実質返戻率は

(返戻共済金)÷{(掛金額)-(節税金)}


30,436,000円÷(25,200,000円-8,316,000円)

=約180%


お得な制度です!

是非一度検討してみてくださいね。