• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 家賃が入らない期間の減価償却はできるのか?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

家賃が入らない期間の減価償却はできるのか?

新築を建てた後、サブリースに出す場合、
募集期間である最初の数カ月は、賃料をもらわないことがあります。

では、この賃料をもらわない期間の減価償却費は計上できるのでしょうか?

原則として、減価償却費は、業務を開始していな場合は、計上できません。

でも、常時維持補修がされていて、いつでも貸せる状態なら、
減価償却費は計上できることになっています。(所基通2-16)

したがって、空室部分や賃料をもらえない期間があっても、
その建物は、既に業務の用に供されているので、
減価償却することができるんですね。