• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 必要経費・減価償却費, 所得税・法人税を賢く節税 > 太陽光発電は即時償却、税額控除どちらがいいのか?

所得税・法人税を賢く節税

必要経費・減価償却費

太陽光発電は即時償却、税額控除どちらがいいのか?

太陽光発電のクリーン投資減税については、
メルマガやセミナーでもよくお伝えしています。

基本的には個人の不動産所得では、グリーン投資減税は受けられず、
法人だと、問題なく受けられます。

ただ、法人で他に利益の出る物件を持っていたり、
他に利益の出る事業を営んでいたりしていなければ、あまり意味はありません。

では、法人で他に利益がしっかり出ている場合に、
即時償却と税額控除、どちらを採用するのがいいのでしょうか?

これは、その法人の状態で変わりますが、
トータルで見て節税できるのは、税額控除になります。

なぜなら、即時償却は減価償却の前取りだからです。

太陽光発電設備に1千万円投資したとしたら、
1千万円というパイは変わりません。

即時償却ならそのパイを1年で食べ、
通常の減価償却ならそのパイを17年かけて食べるだけなんです。

だから税額控除を採用すると、通常の減価償却に加えて、
税額控除の恩恵も受けられるんです。

ただ、税額控除にもデメリットはありますので、
グリーン投資減税を考えているなら、しっかりと税理士に相談してくださいね。