• 所得税・法人税
  • 消費税
  • 住民税
  • 税制改正
  • 会計処理
  • 融資の話
  • 税理士
  • 税務調査
  • コラム
トップ > 所得税・法人税を賢く節税, 法人化 > 売却まで​含めたら個人の方が得​??第2弾

所得税・法人税を賢く節税

法人化

売却まで​含めたら個人の方が得​??第2弾

不動産投資は売却するまで利益が確定しない。

仮に保有時にキャッシュフローが出ていても、

売却すればトータルで損が出てしまう。

それでは意味ないですよね。

なので、出口も必ず計算しながら

個人で買うべきか法人で買うべきか判断して下さい。

さて、おさらいです。

個人と法人では売却時の税率が違いましたね。

個人は短期なら39%、長期なら20%

法人は通常の法人税率(約22%~38%)

ですので、短期売却をするのであれば、法人の方が得。

長期保有するのであれば個人の方が得。

そして、今日は計算方法の違いです。

個人は通常の給与所得や不動産所得などとは別枠計算をします。

ですので、不動産の売却益に税率がそのままかけられます。

一方で、法人ではその他の所得(不動産からの所得など)と合算されて

税金計算されます。

つまり、通常の利益に不動産売却益を上乗せして税金計算されるんですね。

と、言うことは。。。

「売却損」が発生した場合には、法人ではその他の所得と相殺できますが

個人ではこの売却損は切捨てです。

難しく言うと、売却損の「節税効果」が法人では発揮されるけど

個人では無くなってしまう。

売却損が「-100」でその他の所得が「+100」だとすると

法人では所得が「0」つまり、税金は0円

個人だと所得が「100」つまり、税金が発生。

売却損が発生する場合には個人と法人を比べると

法人の方が得!!ですね。